About


YASUHARU FUJIYA aka DRAWINGMAN

Born in 1981.  Live in Ishikari hokkaido Japan.  He has produced a drawing works on the theme of "diversity of existence" and "what is the presence".  The principle of the attitude is the idea of the "gods of eight million" which is from ancient times in Japan.  This idea is the idea of animism of Japan that god or spirit dwells in everything.  Now, digital technology has been applied in our social life while progress steadily.  On the other hand,  the mass media and the centralization and dualism have been reviewed.  In such an era, he has presented the "diversity of existence" and "what is the presence" through his own drawing while inheriting the traditional arts and spiritual culture of Japan.

 

Exhibition

 2017 "DRAWING TRIBE.  MODERN KABUKI FELLOWS"@cross   

            hotel Sapporo

          "MAMONOTACHI OF BLOCKCHAIN"@bar&gallery卍  

           Sapporo

 2016 "OUR ART WORKING 2016"@uptown arts center Chicago

 2015 "CONCRETE FICTION"@shiryokan Sapporo

 2012 "GENSHI NO HOUKOU"@art space abando Osaka

 2011 "CITY NECROMANCER"@doujidai gallery Kyoto

 2010 "HYPER SPACE.  FULL CONTACT"@ad&a gallery Osaka

 2008 "ULTRA SILENCE"@hokusen gallery ivory Sapporo

            "HAKUCYU NO KAMIKAKUSHI"@gallery monma annex 

            Sapporo

 2006 "JYOUON DE KYOURAN"@con. temporary space Sapporo

 

1981年生れ。北海道 石狩在住。日本古来の八百万の思想を基本にして、「存在とは何か」や「存在の多様性」をテーマにドローイング作品を制作している。今、デジタルテクノロジーはどんどん進歩しながら現代人の社会生活に実装されていく中、マスメディアや中央集権や二元論に対する再認識も行われている。そのような状況に対して、日本の伝統芸術表現や精神文化を受け継いだドローイングを通して「存在の多様性」、「存在とは何か」を提示している。

 

発表歴

 2017 「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」展 @ク

    ロスホテル札幌

    「ブロックチェーンのまものたち」展 @Bar&Gallery

                  卍 札幌

 2016 「Our Art Working2016」 @アップタウンアーツセン

    タ- シカゴ

 2015 「CONCRETE FICTION」展 @札幌市資料館 札幌

 2012 「原子の咆哮」展 @アートスペース亜蛮人 大阪

 2011 「CTIY NECROMANCER」展 @同時代ギャラリー 

    京都

 2010 「超空間-full contact-」展 @AD&Aギャラリー

    大阪

 2008 「ウルトラサイレンス」展 @ほくせんギャラリー

        ivory 札幌

    「白昼の神隠し」展 @ギャラリー門馬annex 札幌

 2006 「常温で狂乱」展 @テンポラリースペース 札幌